確かな実感。くせ毛の髪をサラサラにする方法、厳選5つ。

ロングでサラサラの髪の毛。憧れますよね。
でも悲しいかな、私の髪の毛は硬くて多くてくせ毛。
だけど伸ばしたい!

ここでは、髪の毛が硬くて多くてくせ毛の私がやってみて効果があった、髪をサラサラにする方法について書いています。

 髪に栄養を行きわたらせる

shokuji
くせ毛は、先天的な遺伝も原因ですが、後天的な原因もあるんです。

たとえば、無理なダイエットなどで栄養不足になったりホルモンバランスが崩れると、髪に栄養が十分に行きわたらず、癖が強くなることがあります。

なので、私のように髪の毛が硬くて太いから傷んでいないように思っても、栄養バランスのとれた食事をするのが大切です。

その際にポイントとなる栄養素は、以下の3つです。

タンパク質。髪はタンパク質でできています。特に植物性の大豆製品(豆腐や納豆など)をしっかり食べると良いでしょう。

亜鉛。タンパク質と一緒に亜鉛も摂りましょう。ナッツ類に多く含まれています。

DHA。血液をサラサラにして毛細血管の流れを良くするので髪にも栄養を運びやすくなります。

 髪の手入れに気を付ける

coating
次に、髪の手入れをする際に、髪のキューティクルを傷めないように注意する必要があります。

例えば、タオルで髪を拭くときは、ごしごしこするのではなく、水分を拭き取るように軽くおさえるようにしましょう。

また、ドライヤーの熱も傷みの原因になります。髪から15cmくらい離して、上から下に向けてブローし、ブラシで引っ張るようにすると髪のくせがおさまりサラサラに近づきます。

あとは、寝る前に髪をドライヤーで乾かすのも大事です。濡れたまま寝ると、キューティクルを傷める原因になるからです。

 洗い流さないトリートメントを使う

ドライヤーを使う前に、洗い流さないトリートメントを使うのもおすすめです。
ドライヤーの熱と反応して髪のダメージを補修してくれるので、髪の健康のためにもなります。
実際に使ってみたところ、手触りが良くなりサラサラになりました。

 縮毛矯正

美容師さんと相談して自然な仕上がりにしてもらうと良いですよ。
まっすぐぺったりした感じではなく、自然になるように仕上げてくれます。

ただし、縮毛矯正をするとどうしても髪の内部が傷みます。
そこで、髪のダメージを補修するような洗い流さないトリートメントを使っていました。

 ヘアカラー・ヘアマニキュア

私の髪は真っ黒で、硬くて太いので、見た目をやわらかくサラサラにするには、ヘアカラーやヘアマニキュアも効果がありました。
見た目が軽くなるので気に入っていました。

 くせ毛の髪をサラサラにする方法まとめ

美容室で縮毛矯正やカラーをしてもらう他に、自分でできるケアとしては、髪を傷めないように手入れすること、バランスのとれた栄養を髪に運ぶようにすること、洗い流さないトリートメントを使うなどが効果的でした。
やりやすいものから取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)