くせ毛だからってツヤがないとは言わせない!髪艶大作戦!

くせ毛って、くせも厄介なんだけど、ツヤがなくて傷んでるように見えたりボサボサしてる感じになるのも困るんだよね。
なんでツヤがないのかっていうと、くせ毛の場合は表面がでこぼこしていて光の屈折率がばらばらだから。

ストレートだと、表面が平らだからキレイに光を反射するからツヤツヤなんだよね。

でも、ストレートの人がパーマをかけてムースつけてるの見ると、艶々してるよね?
ってことは、ウェーブ・うねりがあっても艶々にできるってこと!

表面のでこぼこを平らにできればツヤが出るんです。

くせ毛の逆襲。髪艶大作戦その1。ドライヤー

dreyer
まずは、ドライヤーをちゃんと使えているかチェックしてみよう!
粗めのブラシで髪を引っ張るようにして、ドライヤーで上から下に風を当ててブローします。
ブラシは細かいのよりも粗めがおすすめ。というのも、細かいと摩擦が起きて静電気が発生しやすくなり、髪が傷む原因になるから。

次に、冷風で同じように髪を引っ張るようにしてブローする。
これだけでもツヤはかなり取り戻せるはず。

くせ毛の逆襲。髪艶大作戦その2。コーティング

coating
あとは、髪の表面の細かいでこぼこを埋めるために、コーティングします!
それには、
・ムースやワックスなどのスタイリング剤
・馬油やホホバオイル、スクワランなど
・オイル成分配合のトリートメント
を使うことでコーティングできます。

私がやってみて一番手軽で使いやすかったのは、オイル成分配合の洗い流さないトリートメント。
これなら、夜のシャンプーの後にトリートメントをつけてドライヤーでブローすることでコーティングできるので、朝の髪ハネがましになります。
そして、朝の乾いた髪にも洗い流さないトリートメントをつけてブローできるので、かなり便利。
べたつかないので使いやすいです。

特に、無添加で髪にやさしいものなら、これがおすすめ。

くせ毛の逆襲。髪艶大作戦その3。縮毛矯正

これなら、髪の表面のでこぼこが平らになるのでツヤが出ます。
ただし、何度も縮毛矯正を繰り返すと髪が傷むのも事実です。

できれば、髪艶大作戦その1のドライヤーとその2のコーティングで自分で艶々にしたいですよね。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)