まだ間に合う!くせ毛の髪はね対策7選。

くせ毛って、いろんな方向に髪がハネて困りますよね。
特にボブくらいだと、元気よくハネまくり・・。

朝、一生懸命寝ぐせを直しても、自転車に乗ると風で元に戻ってしまったり。

そんな私が今までやって効果があった対策7つを紹介しています。

くせ毛の髪はね対策その1.ドライヤー

dreyer
美容師さんにブローしてもらうときに、やり方をじっと見ていて気付いたのが、
「髪を引っ張っるように伸ばしながらブローしている!」
ということ。

それに気付いてからは、自分でドライヤーで髪を乾かすときに、ギューっと髪をブラシで伸ばしながらブローするようになりました。

それで少しくせが緩和されて、寝ぐせのハネも直しやすくなりました。

あとは、髪は60度で変性してしまうという熱に弱い性質があります。
そこで、髪の水分量を保つためにマイナスイオンドライヤーを使っています。

>>マイナスイオンドライヤーを楽天でみる

くせ毛の髪はね対策その2.ロングにしてしまう

long
これは、美容師さんからアドバイスされて、半信半疑でやってみたんです。

髪を肩から10cm~20cmくらいに伸ばすと、髪の重みで少しくせとハネがましになりました。

ただ、私は髪がすごく多くて広がるので、肩から10cmくらいが限界でした・・。
長くなるといつも1つにまとめてしまって、アレンジができなくてつまんないなー、と思ったのも事実です。

くせ毛の髪はね対策その3.おさげと前髪ピン止め

これだと、くせやハネが目立たずにすみました。
ただ、ワンパターンになってしまって飽きてしまいました;

あと、10代の間はいいけど、20代以降はおさげは厳しいかな・・。

くせ毛の髪はね対策その4.洗い流さないトリートメント

coating
ドライヤーの熱って、髪を傷めちゃうんだよね。
それが、洗い流さないトリートメントをつけてブローすると、ドライヤーの熱で髪のダメージが補修されるってきいて使ってみたところ、私にはこれが一番やりやすかったです。

髪をブラシで伸ばしながらブローするんだけど、洗い流さないトリートメントをつけてブローをすると、するんという指通りになりました。
夜に洗い流さないトリートメントをブローしてから寝ると、翌朝の髪ハネがかなりましになりました!
>>洗い流さないトリートメントをみる

くせ毛の髪はね対策その5.パーマ

perm
これも、
「くせがあるからかえってパーマあてると良いよ」
と美容師さんにおすすめされて、高校生になってパーマをかけてもよくなってからやってみた!

確かに、くせもハネも気にならなくなりました。

くせ毛の髪はね対策その6.ストレートパーマ

sutop
ストパーもやってみたんだけど、激しくまっすぐになりすぎてあんまり好きじゃなかったかも。
特に前髪が直毛すぎて、なんともいえない微妙な感じになってしまいました。

個人差があるかもだけど、私には髪ハネとくせの対策には良かったです。

くせ毛の髪はね対策その7.縮毛矯正

ストパーのまっすぐぺったりがあまり好みじゃなかったので、美容師さんに相談したら、自然な感じになるようにやってくれました。

ある部分だけ縮毛矯正するってこともできるので、美容師さんに相談するのがおすすめです。

 くせ毛の髪はね対策まとめ

自分でできる対策で一番手軽だったのは、洗い流さないトリートメントです。一回使うだけで効果が出るのでうれしかったです。

これならパーマが校則で禁止されてても対策できます。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)