髪が多く硬くてくせ毛への工夫について

songjayjay / Pixabay
songjayjay / Pixabay

私は幼少期から髪が多かったのですが、小学生高学年から中学を卒業するまでは丸刈りであったことから、髪質も硬くなり、ある種くせ毛のような状態に陥りました。

髪が多く硬くてくせ毛にしてきた改善対策

髪が多く、髪質が硬いと朝のセットが決まらず、仕方なく朝シャワーを浴びて、髪を柔らかくしてからセットすることを繰り返すこととなり、正直、面倒な状態が続きました。
出来ることならこの状態から脱却したい、という気持ちで、書籍、インターネット等で調べた結果、以下の2つの対応で状態が改善されています。
くせ毛改善としては、市販のリンスを使うことです。

これまではシャンプーだけの生活でしたので、シャンプー後のリンスは少し面倒ではありましたが、今までの朝の状態から脱却できることを考えると我慢しました。
シャンプーとリンスの銘柄は個人によって合う、合わないはありますが、普段使っているシャンプーとリンスは同じ銘柄を使い、髪質が変わらなければ銘柄を変える、というスタンスで実験しました。
ここでのポイントはシャンプーとリンスは同じ銘柄とすることで、私の場合は3つ目の銘柄でやっと合うものが見つかりました。

そして髪の量が多いことへの対策は、散髪時に髪をすいて貰うことです。
絶対的な量はなかなか減らしにくいところもあり、正直悩みましたが、普段お世話になっている美容師さんと相談しながら、すきながら髪をきり、全体のボリュームを減らすようにしました。

これら2つの対策は、普段していないことをするだけの内容であって、特別なことはしていません。
また、費用も多くかかるわけではないのですが、効果が出てき始めるのは1カ月くらいかかりますので、少しだけ根気が要る作業ですので、それを心得てください。

髪の悩み、といえばどうしても髪の量が少ない、薄毛、ハゲている、などが代表的ではありますし、それらの対策方法はしっかりしています。
情報も多いことも確かです。

さらに薄毛等で悩んでいられる方々が、私のような、髪の悩みに対しては、逆に羨ましいという言葉も聞きます。
ただ、私の例のような、髪が多いことによる悩みは多いのではないかと思いますし、加えてくせ毛は厄介な状況でもあります。

このような隠れ悩みの方々も、私のような簡単な対策をすることによって解決しますし、何度も言いますが、私の対策は、市販のシャンプーとリンスとの組み合わせと、髪の切り方の工夫です。
後者の場合は、普段通っている美容師さんとの相談もあり、実現した対応ですので、美容師さんとのコミュニケーションと信頼関係も必要かもしれません。
ただ特別なことはしていませんので、是非試してみてください。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)